電話リレーサービスとは

今朝、市議会控室の私の机上に、「電話リレーサービス普及啓発のための学習会」の案内が置かれていました。

電話リレーサービス普及啓発のための学習会 開催のお知らせ(秋田県聴覚障害者支援センター)

当日は、出席できないので、少し調べてみました。

このサービスは、聴覚障害者や声を出せない方と、お店や病院などとの間にオペレーターが入って、双方をつなぐものです。

パソコンやスマホ、タブレットを利用し、利用者(聴覚障害者など)が、メール(文字)や手話(動画)でオペレーターに用件を伝え、オペレーターが代わりにお店や病院に用件を伝え、その結果を、利用者(聴覚障害者など)に伝えるものです。

日本財団電話リレーサービス

電話リレーサービスの新システムが使いやすかった!【新規利用者募集】

現在は、民間事業者と一部の自治体がサービスを提供しているようですが、24時間対応ではない、通訳者やオペレーターの責任や立場が不明確である、緊急通報への対応が難しいなど、課題があるそうです。

高齢者の増加により、聞こえの悪い方も増えているといった社会環境の変化や、聴覚障害者などが自立して生活できる環境を整える観点から、公共サービスとして提供していく必要性が高いのではないかと感じました。

国が直接やるのか、事業者にしっかりとした補助金を交付するのか、電話会社がサービス提供するのか、手法はいろいろとあると思いますが、特に、緊急通報については、国民が等しく利用できる体制を整えるべきではないでしょうか。

カテゴリー: よもやま パーマリンク