支持率が低くても、政権を担える政党に育つよう、地に足をつけて粘り強く努力していくのが野党議員の責務

旧民主党、そして民進党の綱領、基本政策を継承し、国民生活の向上を原点に掲げる新党「国民民主党」に参加します。

私は、旧民主党に骨を埋める覚悟で入党しました。政治家が政党の看板を背負うのは重い意味を持つものであり、覚悟がなければ背負えるものではないと思います。あっちに行ったり、こっちに来たり、出たり入ったり、そんなことはしたくありませんし、簡単にできることではありません。よって、私には、他の選択肢はありえません。

立憲民主党への鞍替えや、新党への参加を見送る動きがありますが、これは、新党と他の野党との分断を際立たせることになりかねず、二大政党制を志す者がやってはならないと思います。

野党がちまちまと離合集散する無様な姿を、これ以上、国民の皆さまには見せたくありません。小異を残して大同につく。昨秋の誤った判断による分裂を少しでも元に戻そうとする姿勢が必要ではないでしょうか。

例え、新党の船出が支持率0%であったとしても、政権を担える政党に育つよう、地に足をつけて粘り強く努力していくのが、国民の皆さまに対する野党議員の責務だと思います。

カテゴリー: 国民民主党・民進党・民主党 パーマリンク