メルマガ第18号を発行しました(H31.1.18)

昨日は、広面町内の一員として、太平山三吉神社の梵天祭(ぼんでんさい)に参加しました。

今年も大変なもみ合いでしたが、普段、あんなにもみくちゃになることがないので、楽しいというか、スカッとしますね。

また、細心の注意をしたので、今年は階段でコケずにすみました。
背中が少し痛いくらいです。

三吉さまのおかげで、今年も五穀豊穣、家内安全でありますように。

さて、今日は、明徳コミセンにて、まちカフェトークを開催いたします。

明徳小学校では、夕方17時から、毎年恒例のかまくらファンタジアが催されますので、帰り道にお立ち寄りいただければ幸いです。

さて、秋田市議会議員・藤田信(藤田まこと) 公式メルマガ「☆秋田市政のいま☆ 」第18号「本日開催!まちカフェトーク in 明徳コミセン」を発行しました。

今号のコンテンツは、次のとおりです。

■ 本日開催!まちカフェトーク in 明徳コミセン(1/18)
■ 「行政相談会」~お困りのことはありませんか?(1/21)
■ 会派そうせい市民交流キャラバン 東部2か所で開催(1/23,1/29)
■ オフィスアワーを実施します(1/25)
■ 教育産業委員会(閉会中)が開催されます(1/28)
■ 総務委員会(閉会中)が開催されます(1/30)
■ 建設委員会(閉会中)が開催されます(2/1)
■ 市民意見を募集しています!~市が実施中のパブリックコメント
■ 活動ボランティア募集
■ 主な行事等

次のリンクから今号の内容をご覧いただけます。
本日開催!まちカフェトーク in 明徳コミセン

こちら↓からメルマガ登録できますので、是非ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001684854.html

カテゴリー: メールマガジン | コメントする

メルマガ第17号を発行しました(H31.1.17)

秋田市議会議員・藤田信(藤田まこと) 公式メルマガ「☆秋田市政のいま☆ 」第17号「今日は太平山三吉神社の梵天祭(ぼんでんさい)」を発行しました。

今号のコンテンツは、次のとおりです。

■ まちカフェトーク in 明徳コミセン(1/18)
■ 「行政相談会」~お困りのことはありませんか?(1/21)
■ 会派そうせい市民交流キャラバン 東部2か所で開催(1/23,1/29)
■ オフィスアワーを実施します(1/25)
■ 教育産業委員会(閉会中)が開催されます(1/28)
■ 総務委員会(閉会中)が開催されます(1/30)
■ 市民意見を募集しています!~市が実施中のパブリックコメント
■ 活動ボランティア募集
■ 主な行事等

次のリンクから今号の内容をご覧いただけます。
今日は太平山三吉神社の梵天祭(ぼんでんさい)

こちら↓から登録できますので、是非ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001684854.html

カテゴリー: メールマガジン | コメントする

スタジアム整備の行方は・・・

昨日、開催された新スタジアム整備構想策定協議会において、整備候補地として八橋を推す声が多数あったとのことでした。

アクセスの良さや集客性、市街地のにぎわい創出を考えると、もっともなことだと思います。

私、単なるサッカースタジアムを整備することには反対であり、サッカーをやらない人、サッカーを見ない人でも足を運べて、スポーツを始めとした健康づくりや、趣味・余暇を楽しめる拠点として整備すべきだと考えております。

そのためには、できれば、八橋運動公園をゼロから作り直すくらいのつもりで、構想することも必要なのではないでしょうか。

実際には、多額の費用がかかるので、ゼロから作り直すのは難しいのですが、最初から小さな視点で物事を考えていては、良いまちづくりはできません。

いずれ、県立体育館も建て替えが必要になります。
八橋球場はどうするのか。
少し先のことも加味して考える必要があります。

そんな中、昨日の会議では、秋田市が「候補地の3カ所では適地と判断できる場所はない」(本日付け秋田魁新報より)と発言したとのこと。

当初から、市は八橋運動公園への整備には反対でした。
それなのに、なぜ、調査業務を続けさせたのか。

策定協議会には、市からも負担金を支出しています。

市が反対している場所の調査に、なぜ市が支出した公金を充てるのか。

私には理解できません。

結局、一時の盛り上がりにやむなく乗っただけで、本気でスタジアムを整備する気などなかったのではないか、と疑わざるを得ません。

ハコモノは、機運で整備するものではありません。
住民福祉の向上に寄与するかどうか、という視点を常に忘れてはならないと思います。

2月定例会において、きちんとした質疑をしたいと思います。

カテゴリー: 秋田市政 | コメントする

メルマガ第16号を発行しました(H31.1.16)

秋田市議会議員・藤田信(藤田まこと) 公式メルマガ「☆秋田市政のいま☆ 」第16号を発行しました。

今号のコンテンツは、次のとおりです。

■ 本日開催 まちカフェトーク in 旭川コミセン(1/16)
■ 「行政相談会」~お困りのことはありませんか?(1/21)
■ 会派そうせい市民交流キャラバン 東部2か所で開催(1/23,1/29)
■ オフィスアワーを実施します(1/25)
■ 教育産業委員会(閉会中)が開催されます(1/28)
■ 市民意見を募集しています!~市が実施中のパブリックコメント
■ 2分で解説【政策動画】~税制改正新構想~
■ 活動ボランティア募集
■ 主な行事等

次のリンクから今号の内容をご覧いただけます。
スタジアム整備の行方は・・・

こちら↓から登録できますので、是非ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001684854.html

カテゴリー: メールマガジン | コメントする

2分で解説【政策動画】~税制改正新構想~

国民民主党所属国会議員による、政策解説動画です。

今回は、国民民主党の税制改正新構想についてです。

税を通じて新しい社会をつくっていくため、税制改正により、国民の皆さまを応援するしくみを作ります。

・シングルマザー、シングルファザーへの寡婦控除の適用
・新しい公共を担うNPO法人への寄附控除
・自然災害の損失控除
・災害ボランティアの際の旅費相当分の還付
・消費税増税対策
 ・給付付き税額控除
 ・激変緩和策としての所得税定率減税
 ・賃貸住宅の家賃補助あるいは家賃相当額の一部の還付
 ・民間教育費や副教材の実費の税控除

文字にすると税制は難しいのですが、動画では分かりやすく解説しておりますので、是非、ご覧ください。

カテゴリー: 政策動画 | コメントする

メルマガ第15号を発行しました(H31.1.15)

秋田市議会議員・藤田信(藤田まこと) 公式メルマガ「☆秋田市政のいま☆ 」第15号を発行しました。

今号のコンテンツは、次のとおりです。

■ 仲間を増やす取組を!~党全国青年委員長・局長会議
■ 本日開催「行政相談会」~お困りのことはありませんか?
■ 1/16(水)旭川コミセン、1/18(金)明徳コミセン~まちカフェトーク開催!~
■ 1/16(水)厚生委員会(閉会中)が開催されます
■ 会派そうせい市民交流キャラバン 東部2か所で開催
■ 市民意見を募集しています!~市が実施中のパブリックコメント
■ 2分で解説【政策動画】国民投票法の改正案
■ 活動ボランティア募集
■ 主な行事等

次のリンクから今号の内容をご覧いただけます。
党全国青年委員長・局長会議に出席しました

こちら↓から登録できますので、是非ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001684854.html

カテゴリー: メールマガジン | コメントする

メルマガ第14号を発行しました(H31.1.14)

秋田市議会議員・藤田信(藤田まこと) 公式メルマガ「☆秋田市政のいま☆ 」第14号を発行しました。

今号のコンテンツは、次のとおりです。

■ がっこ茶っこトークを初開催しました!
■ 明日1/15(火)開催 行政相談会~お困りのことはありませんか?
■ 1/16(水)旭川コミセン、1/18(金)明徳コミセン〜まちカフェトーク開催!〜
■ 1/16(水)厚生委員会(閉会中)が開催されます
■ 会派そうせい市民交流キャラバン 東部2か所で開催
■ 活動ボランティア募集
■ 主な行事等

次のリンクから今号の内容をご覧いただけます。
行政相談会、まちカフェトークを開催します!

こちら↓から登録できますので、是非ご購読ください。
http://www.mag2.com/m/0001684854.html

カテゴリー: メールマガジン | コメントする

2分で解説【政策動画】国民投票法の改正案

国民民主党による国民投票法改正案の柱は2つです。

1つは、表現の自由に配慮しつつ、国民投票運動等の公正を確保すること。

もう1つは、正確な情報に基づいた多様な意見の表明を保証することです。

具体的には、野放図な国民投票運動により、国民が誤った判断をすることのないよう、政党等によるスポットCMを禁止することや、インターネットでフェイクニュースが流れないようにすること、混同を避けるために、国政選挙と国民投票の期日を切り離すこと、などを盛り込んでいます。

国民投票法改正への取り組み(約2分)

カテゴリー: 政策動画 | コメントする

1月18日(金)まちカフェトーク in 明徳コミセンを開催します

お茶やコーヒーを飲みながら、和やかな雰囲気の中で、まちづくりのことなど、自由に語り合いませんか。

申込み不要、途中入退場OK、市政以外の話題でも何でもOKです。
行政に関するご相談もお受けします。

ご参加の方は、お茶代として100円お願いいたします。

1/18(水)18:30~19:30
明徳地区コミュニティセンター 「矢留の間」

先日、東地区コミュニティセンターで開催した際の様子については、次のリンクをご参照ください。

地域の課題を掘り起こし~まちカフェトーク初開催!~

(今後の開催予定)
1/21(月)北部市民サービスセンター 洋室5
1/22(火)中央市民サービスセンター 洋室6
1/24(木)西部市民サービスセンター 洋室1
1/28(月)南部市民サービスセンター牛島別館 洋室(3)
1/30(水)東部市民サービスセンター 洋室3

カテゴリー: お知らせ, 市政報告・市政だより | コメントする

1月16日(水)まちカフェトーク in 旭川コミセンを開催します

お茶やコーヒーを飲みながら、和やかな雰囲気の中で、まちづくりのことなど、自由に語り合いませんか。

申込み不要、途中入退場OK、市政以外の話題でも何でもOKです。
行政に関するご相談もお受けします。

ご参加の方は、お茶代として100円お願いいたします。

1/16(水)18:30~19:30
旭川地区コミュニティセンター 「太平の間」

先日、東地区コミュニティセンターで開催した際の様子については、次のリンクをご参照ください。

地域の課題を掘り起こし~まちカフェトーク初開催!~

(今後の開催予定)
1/18(金)明徳地区コミュニティセンター 「矢留の間」
1/21(月)北部市民サービスセンター 洋室5
1/22(火)中央市民サービスセンター 洋室6
1/24(木)西部市民サービスセンター 洋室1
1/28(月)南部市民サービスセンター牛島別館 洋室(3)
1/30(水)東部市民サービスセンター 洋室3

カテゴリー: お知らせ, 市政報告・市政だより | コメントする

1月15日(火)は行政相談会~お困りのことはありませんか?

明日、1/15(火)13:00から14:00まで、自宅兼事務所にて、行政相談会を開催します。

予約・申込み不要です。
ご遠慮なさらずにご利用ください。

県庁職員や国会議員秘書としての経験やネットワークもありますので、市だけではなく、県や国のことでも構いません。

行政に関するご相談は、随時お受けしていますが、アポなしで気軽に足を運べるスタイルにいたしました。

場 所:自宅兼事務所(秋田市東通5-2-10)
連絡先:090-2888-6279

今後の実施日:
1/21(月)9:00~10:00
1/29(火)9:00~10:00

この日時以外をご希望の方は、ご都合のよろしい日時をお知らせください。

カテゴリー: 市政報告・市政だより | コメントする

昭和の自己責任モデルから脱却し、新たな共生モデルを~党大会から(H31.1.12)

党大会で議長を務める緑川貴士秋田県連代表
党大会で議長を務める緑川貴士秋田県連代表

1/12(土)、党大会に出席しました。

マスコミの関心は、党の政策にはなく、党内が混乱しているとか、立憲民主党と連携できないとか、大会の内容とは関係のないことを盛んに報道しているようです。

日テレさんは、「参院選向け”野党結集”訴え 一方で不協和音続き離党も」との見出しで報道していましたが、私が見出しを作るなら、「昭和の自己責任モデルから新しい共生のモデルへ~生まれた日も、最期の日も、そこに安心がある国づくり」とします。

マスコミと政党では、伝えたいことが異なるので、見出しや表現も異なるのは仕方ありませんが、不協和音という言葉の使い方が安易で、報道内容に深みが感じられないのは残念です。

さて、党大会の玉木代表の挨拶の中から、重要と思われるところを抜粋いたします。全文は、党のホームページに掲載されており、下の方にリンクを張りますので、ご興味のある方はご覧ください。

以下、抜粋です。


与野党を問わず、今、政治に求められている一番の仕事は、新たな時代の社会保障の形を示すことです。平成が終わろうとする時代にもかかわらず、社会保障の仕組みは「昭和の自己責任モデル」のままです。今こそ、全世代の不安を取り除く「新しい共生のモデル」が必要です。 今まさにパラダイムシフトが求められています。「生まれた日も、最期の日も、そこに安心がある国づくり」。私たちのめざす社会像です。

とりわけ、子育て・教育政策には、もっとお金を使わなくてはなりません。日本は本当に子どもが産まれない国になってしまいました。合計特殊出生率が過去最低を記録し「1.57 ショック」と言われたのは平成元年の1989年。あれから30年を経てなお、政治は少子化問題に対し、有効な答えを出せていません。私たちの両親の時代は毎年270万人生まれていましたが、昨年の年間出生数は92万人まで落ち込みました。「静かなる有事」が進行しています。

日本の現状は、現役世代への社会保障や教育サービスの水準が、主要先進国の中で最低レベルです。子どもは、親も、生まれる国も、地域も選べません。だからこそ、生まれた境遇によって、子どもたちの夢や人生が、制限や制約を受けることのない国づくりをしなければなりません。生まれながらに社会的勝者と敗者に分けられ、それも自己責任だと言い放つ、そんな冷たい社会を、彼らに残すわけにはいかないのです。

私たちが、今やらねばならないことは二つだと思います。一つは、政府の政策を厳しく監視すること。そして、もう一つは、自民党に代わって政権を担う「もう一つの選択肢」をつくることです。

今、国民に中には、マグマのような怒りや違和感が溜まっています。総理大臣が質問には答えないのにヤジは飛ばす異様な国会の風景、議論を拒否して一方的に物事を進めようとする強引な姿勢、公文書の改ざんさえ部下のせいにして幕引きを急ぐ傲慢な態度、移民を外国人材と言い換え、FTAをTAGと言い換え、戦闘を武力衝突と言い、公約違反を「新しい判断」と言ってのける。こんな出鱈目を許してはなりません。

そして、こうした批判や追及と共に大切なのは、自民党に代わって政権を担い得る「もう一つの選択肢」をつくることです。私は、何としても、もう一度、政権を担いたいと思います。なぜなら、私たちには、つくりたい未来が、つくらなくてはならない社会があるからです。

昨年、党のアイデンティティを表す言葉として「つくろう、新しい答え。」を定めました。単なる否定や批判だけでなく、未来へつながる新しい解決策を示そうと決めたのも、私たちが、「もう一つの選択肢」になるというプライドを捨てていないからです。

 つながりを断ち切っていくような社会や経済のあり方を変え、人間同士、さらには自然環境とも、外国の人々とも結びあって生きていく社会、そんな「新しい答え」を皆んなでつくり出していきましょう。


【定期党大会】全代議員会議で活発な質疑応答

【定期党大会】(1)開会~来賓の連合・神津里季生会長ごあいさつ

【定期党大会】(2)玉木雄一郎代表「渾身のあいさつ」全文

【定期党大会】(3)活動方針、予算・決算などを了承

【定期党大会】(4)玉木代表記者会見「野党の連携を急がないと、国民に対する責任を果たすことにはならない」

カテゴリー: 国民民主党・民進党・民主党 | コメントする

仲間を増やす取組を!~党全国青年委員長・局長会議(31.1.12)

全国青年委員長・局長会議で挨拶する玉木代表(H30.1.12)
全国青年委員長・局長会議で挨拶する玉木代表(H30.1.12)

先週、1/12(土)に、本県代表として、党全国青年委員長・局長会議に出席しました。

これは、概ね45歳以下の自治体議員で構成されるもので、党に対する政策提言のほか、豪雨・地震・豪雪による災害へのボランティア活動、骨髄バンクへの募金活動、新人青年議員候補の発掘などを行っています。

国や地域の人口と同様に、若手を増やしていかなければ、政治の世界も高齢化していきます。

ベテランの経験と、若手の行動力が組み合ってこそ、積極的に現状を改善し、
国民生活の向上を図ることができるのではないでしょうか。

また、若者の政治参加を促すためには、地域の最前線で活動している青年議員が、若者に働きかけていくことも必要だと思います。

私も、参議院議員選挙の候補者擁立だけではなく、この4月の統一地方選挙にも、できるだけ若手の候補者を擁立できるよう、引き続き、取り組んでいきます。

カテゴリー: 国民民主党・民進党・民主党 | コメントする

がっこ茶っこトークを初開催しました! (H31.1.10)

先週、1/10(木)の13:30から14:30まで、明徳地区コミュニティセンターにて、がっこ茶っこトークを初開催しました。

前日夜に初開催した「まちカフェトーク」の日中版です。

平日の日中に開催したのは、ご意見やご要望をいただいた際に、
すぐにその場で、市の担当部局に、現状の確認や制度の調査ができるためです。

また、夜よりも日中の方が都合がいい、という方もいらっしゃるのではないかと考えたからです。

結論としては、どうやら日中の参加者は少ないようです。今後、何回か実施してみて、検証したいと思います。

いくつか個別のご相談をいただきましたので、調査の上、適切な窓口におつなぎしたいと思います。

カテゴリー: 市政報告・市政だより | コメントする

地域の課題を掘り起こし~まちカフェトーク初開催!~

今日(H31.1.9)は、まちカフェトークを初開催しました。

申込み不要、途中入退場OK、市政以外の話題でも何でもOKで、お茶やコーヒーを飲みながら、和やかに自由に語り合うものです。

普段開催している市政報告会でも、意見交換の時間はあるのですが、どちらかというと、まちづくりなどの大きな課題がテーマとなり、個別・具体的な話をするのは難しいのが実情です。

そこで、細かな地域の課題も掘り起こすために、今回のまちカフェトークを試みました。

あっという間に1時間が過ぎ、30分ほど延長となりました。

今日、話題となったテーマは次のとおりです。

  • 外旭川農工商共存型まちづくり構想と卸売市場、食品加工
  • 県・市連携文化施設と千秋公園
  • 駅東第三地区土地区画整理事業の進め方
  • ごみ集積所の環境美化
  • 資源集団回収の充実
  • バス路線の維持・充実
  • 避難場所までの避難経路の確保
  • 駅東ロータリーの迷惑駐車
  • 一つ森公園ジョギングコースの除雪ボランティア

普段、なかなか聞くことのできない地域の課題を伺うことができました。

早速、明日から、現場の調査や市役所担当課へのヒアリングを行いたいと思います。

カテゴリー: 市政報告・市政だより | コメントする

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

皆さまにおかれましては、健やかに、新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

また、旧年中は、皆さまから多くの激励や応援のお言葉をいただきました。本当にありがとうございます。

早いもので、私が議員になってから4回目の冬です。今年4月の統一地方選挙まで、残りわずか3カ月。あっという間の4年足らずで、右も左も分からない中、ただひたすら全力で駆け抜けてまいりましたが、引き続き、微力を尽くしてまいりたいと決意を新たにしております。

私たちの会派「そうせい」は、「市政に新しい動き(ムーブメント)を起こすと同時に、市民とともに、新しい秋田を創造していく。」という目標を掲げ、是々非々の立場で議会に臨んでまいりました。

そのための取組として、議会報告会の開催など、市民の声を基に政策づくりを行うしくみを提案してきましたが、他会派の賛同を得られず、残念ながら実現には至っておりません。

そのため、これまで「そうせい市民セミナー」や「そうせい市民交流キャラバン」、「パブでパブコメ」など、市民の皆さまと意見交換する催しを、市内各地で計25回開催してまいりました。

このような場で、皆さまの生の声を聴くことにより、政策形成に活かせるのはもちろんですが、市側の論理ではなく、市民生活に即した、市民の想いに寄り添った活動ができているものと自負しております。これらの活動は、初心を忘れず、緊張感を保ち続けるためになくてはならない最良のものと位置付けております。

今年はさらに、会派全体の取組に加え、個人として新たなトライをいたします。

1つ目は、「まちカフェトーク」及び「がっこ茶っこトーク」です。これらは、お茶やコーヒーを飲みながら気軽に語り合うもので、申込不要、途中入退場OK、市政以外の話題もOKの自由に参加できるスタイルで行います。

2つ目は、「行政相談会」です。週1回程度、私の自宅兼事務所で、行政に関するご相談に応じます。実はいつでもお受けしているのですが、皆さまがご相談しやすいように、アポなしで足を運べるスタイルにいたしました。なお、県庁職員や国会議員秘書としての経験やネットワークがありますので、市だけではなく、県や国のことでも構いませんので、ご遠慮なさらずにご相談ください。

市民一人ひとりが希望を持てる未来をいかに創りあげていくか、皆さまから託された思いを胸に、初心を忘れず、緊張感を持って市当局と対峙し、積極的にチャレンジする秋田市となるよう頑張ってまいりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

───────────────────────────────
■ まちカフェトーク 市内各地で開催
───────────────────────────────

お茶やコーヒーを飲みながら、和やかな雰囲気の中で、自由に語り合いませんか。

申込み不要、途中入退場OK、市政以外の話題でもOKです。

行政に関するご相談もお受けします。
ご参加の方は、お茶代として100円お願いいたします。

時間は、いずれの会場も、18:30から20:00です。

1/9(水)東地区コミュニティセンター 「けやき」
1/16(水)旭川地区コミュニティセンター 「太平の間」
1/18(金)明徳地区コミュニティセンター 「矢留の間」
1/21(月)北部市民サービスセンター 洋室5
1/22(火)中央市民サービスセンター 洋室6
1/24(木)西部市民サービスセンター 洋室1
1/28(月)南部市民サービスセンター牛島別館 洋室(3)
1/30(水)東部市民サービスセンター 洋室3

───────────────────────────────
■ がっこ茶っこトーク
───────────────────────────────

まちカフェトークの日中版です。

お茶やコーヒーを飲みながら、和やかな雰囲気の中で、自由に語り合いましょう!

お茶代として100円お願いいたします。

1/10(木)13:30~14:30 明徳地区コミュニティセンター 「矢留の間」

───────────────────────────────
■ 何かお困りのことはありませんか?行政相談会
───────────────────────────────

自宅兼事務所にて、行政に関するご相談をお受けいたします。

ご遠慮なさらずにご利用ください。
予約・申込み不要です。

実施日:
1/7(月)9:00~10:00
1/15(火)13:00~14:00
1/21(月)9:00~10:00
1/29(火)9:00~10:00

場 所:自宅兼事務所(秋田市東通5-2-10)
連絡先:090-2888-6279

この日時以外にもお会いできますので、
ご希望の日時をご連絡ください。

カテゴリー: お知らせ, 市政報告・市政だより | コメントする

願意を無視した継続審査決定(30.12.20)

昨日(12/20)、11月定例会の最終日、イージス・アショアの配備計画撤回の決議を求める請願が、採択・不採択ではなく、継続審査とすることが決まりました。

私は、この継続審査決定は、請願の願意に応えるものではないと思います。この請願の概要は次のとおりです。

どんなに調査したところで、住宅地等に近接している現実は変わらないことから、住宅密集地に軍事基地は要らないと全会一致で決議した。

不安要因は、有事の際の攻撃に対する懸念と電磁波による健康被害等である。

先人が築き上げた平和で住みよい郷土を子や孫たちに手渡す責務があるが、これまでの防衛省の説明では、不安・疑問が募るばかりである。

ついては、住民・市民の声に寄り添い、配備計画の撤回に関して決議してください。

継続審査を主張する会派・議員は、防衛省の調査が終わり、調査結果に対する市の検証が完了してから判断すべきというものです。

しかし、現在、防衛省が委託により実施している調査は、測量調査、土質調査、情報通信運用環境調査であり、要は、ミサイル基地を問題なく作るための調査です。

(参考)
平成30年8月31日:防衛省が情報通信環境調査の入札公告を実施しました。(秋田市公式WEBサイト)

住宅密集地に軍事基地を建設することが適切なのかどうか、有事の際に攻撃される可能性はないのかどうか、を検証する調査ではありません。

調査が終わったところで、これらの懸念は払拭できないのです。

では、防衛省がこれらの懸念について納得のできる説明をするかと言えば、これまでの防衛省の説明では不安・疑問が募ると住民は言っています。

ですので、調査結果を待つ必要はなく、現時点で判断をくだすべきです。

割山地区があまりにも演習場に近いため、その他の地区が離れていて安全であるかのように錯覚させられますが、演習場の中心から県庁まで直線距離で約2.7kmと、あまりにも市街地に近く、軍事基地の立地としては不適切です。

参考までに、新屋演習場中心付近から各地までの直線距離を以下に示します。新屋よりも山王地区の方が近いことがよく分かると思います。勝平地区を中心として西部地区だけの問題ではありません。

(参考)新屋演習場中心付近からの直線距離

(西部地区)
・秋田公立美術大学 約3.6km
・西部市民サービスセンター 約4.3km
・新屋駅 約4.6km
・大森山動物園駐車場 約5.0km

(中央地区)
・国道7号臨海十字路 約1.4km
・県児童会館 約1.8km
・寺内小学校 約2.4km
・山王十字路 約3.2km
・第一会館本館 約3.7km
・なかいちにぎわい交流館AU 約4.3km
・秋田駅 約4.9km

(北部地区)
・高清水小学校 約3.2km
・外旭川病院 約4.3km
・土崎駅 約4.7km

継続審査を主張する議員は、大手を振ってイージス・アショアに賛成できる環境が整うのを待っているのでしょう。

今回の請願を継続審査とした議員の全員が、昨年の11月定例会に提出された請願(配備反対決議を求める請願)、陳情(事実関係の説明と情報開示を求める意見書の提出を求める陳情)を不採択としています。

このときは、まだ秋田市が候補地として決定される前の段階であり、いまよりももっと情報が少ない中で、不採択と判断しています。なぜ、今回は判断できないのでしょうか。

選挙が近いからと言われてもしかたありません。

私たち議員は、選挙の際に、自分の考え方をしっかりと有権者に開示して、正しく判断していただかなければなりません。

選挙に有利になるようにと、自分の考えを隠すなどの情報操作しては、民意を正しく反映しない歪んだ選挙結果となってしまいます。

自分の考えを全てさらけ出した上で、有権者の判断にお任せする。選ばれなければ静かに議会を去る。腹をくくって選挙に臨むべきです。


ちなみに、昨年、請願と陳情を不採択とした際の、総務委員会での理由は次のとおりです。

まずは、秋水会。私とは異なる考え方ですが、きちんと会派の見解を述べています。請願に対する姿勢としては正しいと思います。

また、「「イージス・アショア」が配備されることにより、紛争相手国からの攻撃を誘発する」ということを書いておりますが、少しいかがなものかと思います。イージス艦はもう既に何隻も日本にはありますので、その地上型ミサイル迎撃システムが2基配備されるからといって、紛争の相手国からの攻撃を誘発することにはならないと考えます。

また、今定例会の一般質問における答弁でもありましたが、一義的に国が決めることでありますが、秋田市が日本を守る、東日本を守るという気概を持ちたいと思います。

次に、公明党。

今定例会の一般質問で市長も答弁されておりましたが、一義的には国が決めることなので、これには不採択です。

国が決めることに対して、地元の意思表示を否定するかのような見解です。国が決めることに対して、地元が賛否を明らかにすることがどうしてダメなのでしょうか。

いつも、国への意見書提出を提案する公明党らしくない理由でした。我々には分からない力が働いているのかもしれません。

いずれにしても、この理由で前回不採択としたのならば、今回も不採択とすべきです。国が決めるという現実は変わっていないからです。

関連記事

継続審査でいいのか?イージス・アショアに関する請願(H30.12.12)

イージス・アショアに関する請願の行方は・・・

イージス・アショアに関するアンケート(イージス・アショア不安ネットワーク・秋田)

「イージス・アショア」配備計画撤回の決議を求める請願が提出されました

【用語解説】請願・陳情

秋田市議会議員のイージス・アショアに関する請願・陳情の賛否(昨年11月定例会)

カテゴリー: 定例会 | コメントする

秋田駅西口駅前広場改修事業基本計画(原案)への意見募集

秋田駅西口駅前広場の景観計画図

秋田駅西口駅前広場の平面駐車場が廃止されることなどに伴い、広場内の交通機能の向上や県都の玄関口にふさわしい環境空間として、平成32年の春までに既存の駐車場周辺を整備することになっています。

有識者による秋田駅西口駅前広場改修事業検討委員会での意見等を踏まえ、この度、基本計画の原案が作成されました。

この基本計画原案への意見を市が募集しています。

いつもの分厚い計画書と異なり、この基本計画(原案)の閲覧図書は3ページだけです。

これまでカーブがキツくて曲がるのが大変だった送迎車両ロータリーを緩やかにすることと、立体駐車場ができたので、平面駐車場を廃止して、芝生広場にするという計画です。

個人的には、乗降車スペースが6台分しかないところに問題がありそうだと思っています。

また、芝生広場がいいのかどうか・・・。

皆さまも、市に意見を出してみませんか。

秋田市西口駅前広場改修事業の基本計画(原案)に関するご意見の募集について(秋田市公式WEBサイト)

秋田駅西口駅前広場改修事業基本計画(原案) (PDF 3.2MB)

カテゴリー: 説明会・意見募集 | コメントする

2分で解説【政策動画】水道法改正案の問題点

水道事業を広域化して、老朽化対策を行うことには賛成です。

しかし、運営を民間に任せるコンセッション方式には問題があります。

世界的には、料金の高等、水質の悪化により、再公営化の流れが多く見られます。

誰のための民営化なのか。

水道法改正について(約1分半)

カテゴリー: 政策動画 | コメントする

外旭川産業振興型テーマパーク構想に関する提言をまとめます

6つのゾーンで構成される産業振興型テーマパーク構想(秋田市外旭川)

先週の金曜後の午後、 外旭川複合施設構想を実現する議員の会の会議が開かれました。

結論から言いますと、 この構想の実現に向けて、 各議員の考えをまとめて、 来月下旬に、市に対して提言することになりました。

市は、場所に関しては、 市街地調整区域であることから、 本市の掲げるコンパクトシティ構想とは相容れない と言っていますが、 内容に関しては、提案があれば受けるという受け身の市政を崩しておらず、具体的な言及がありません。

ここから先は、あの場所で、 何ができて、何ができないのか、 少しずつ絞り込んでいかなければならないと思います。

イオンタウン株式会社が作成した産業振興型テーマパーク構想に関わらず、 ご提案やご意見がありましたら、 下のフォームからご遠慮なくお寄せください!

https://ws.formzu.net/fgen/S23105861/

なお、この構想について、WE LOVE AKITA編集部さんが、インタビューを交えた取材記事を分かりやすくまとめていますので、ご覧ください。イオンタウン株式会社が作成した構想資料も掲載されています。

View story at Medium.com
カテゴリー: 議員連盟 | コメントする

秋田市文化会館で報告会を開催しました(H30.12.16)

12月16日(日)の正午から、秋田市文化会館3階和室練習室で、県議会議員の沼谷純さんと、県政・市政報告会を開催し、70名弱の方々がご参加くださいました。

県議会議員の沼谷純さんからは、地元秋田の議員として、
イージス・アショアを新屋演習場に配備することの問題点や、
外旭川の開発構想、公共交通について、そして、自身の今後について、お話がありました。

参加者の方々からは、やはりイージス・アショア配備に関するご意見が多く、沼谷さんの去就についての質問、激励の声も多数ありました。

皆さまからいただいた声を基に、議会でしっかりと声を上げていきたいと思います。

カテゴリー: 市政報告・市政だより | コメントする

河辺ドライブインで報告会を開催しました(H30.12.15)

12月15日(土)の正午から、河辺ドライブイン2階の広間で、県議会議員の沼谷純さんと県政・市政報告会を開催し、20名ほどの方々がご参加くださいました。

私からは、先週の総務委員会において、イージス・アショアが継続審査とされたことについて、市議会の会派構成や会派拘束の状況のお話も含めて、この判断が請願の願意を無視したものであること、継続審査とはどういうことなのか、といったことをお話をさせていただきました。

結論の先送りは、選挙の争点隠しと言われても仕方ありません。

私たち議員は、選挙の際に、有権者の皆さまにできるだけ多くの判断材料を提供しなければなりません。

自分の考えを全てさらけ出して、有権者の判断を仰ぐ、これが健全な選挙のあり方ではないでしょうか。

カテゴリー: 市政報告・市政だより | コメントする

2分で解説【政策動画】正社員を増やすには

国民民主党所属国会議員による、政策解説動画です。

中小企業の雇用や正社員化を進めるために、中小企業の社会保険料負担を軽くしようという政策です。

法人税減税では、多くが赤字で悩んでいる中小企業にとって、何の魅力もありません。

中小企業の社会保険料軽減策(約2分)

カテゴリー: 政策動画 | コメントする

沼谷純 県政報告会/藤田信 市政報告会 in 河辺ドライブイン(H30.12.15)

本日開催!

https://www.facebook.com/events/414772575724645/
カテゴリー: お知らせ, 市政報告・市政だより | コメントする

控室にお気軽にお越しください。12/18(火)14:30~15:30 オフィスアワー(第8回)

12/18(火)の午後2時半から午後3時半まで、市議会の会派そうせい控室(市役所5階)に待機しておりますので、お気軽にお越しください。

市や市議会に対するご意見やご要望のほか、
「どこに相談したらよいか分からない。」
「市に言いたいことがあるが一人では不安だから同行してほしい。」
「一度藤田に会ってみたい。」
「市役所に来たついでに議会を見てみたい。」
などなど、ご遠慮なさらずにどうぞ。

お越しの際は、議会事務局にお立ち寄りの上、「そうせいの藤田に会いに来た。」と一声かけてくだされば、職員が控室にご案内いたします。

なお、この時間帯以外でも、予定が入っていなければ皆さまにお会いできますので、予めご連絡ください。

※オフィスアワーとは

会議や研修、現場調査などの予定を入れずに空けておいて、控室で皆様のお越しをお待ちしている時間のことです。

私が以前勤務していた大学では、教員が学生からの相談に応じるために、必ず研究室にいる時間帯のことで、各教員がそれぞれ「〇曜日の〇時~〇時まで」と定期的な時間を設定しています。

私は定期的には難しいので、不定期に実施しております。

カテゴリー: お知らせ, オフィスアワー | コメントする

継続審査でいいのか?イージス・アショアに関する請願(H30.12.12)

今日の午後から開かれている総務委員会において、イージス・アショアに関する請願が審査され、継続審査すべきものとなりました。

請願第17号
地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の
陸上自衛隊新屋演習場への配備計画の撤回に関する決議について
(平成30年11月22日受理)

(参考)「イージス・アショア」配備計画撤回の決議を求める請願が提出されました(藤田まこと公式WEBサイト)

傍聴席が満席となり、別室(正庁)のライブ中継で表決の行方を見守る傍聴者の方々

初めに各会派から意見を述べたところ、

秋水会(3名):継続審査
公明党(1名):継続審査
そうせい(2名):採択
市民クラブ(1名):採択
共産党(1名):採択

となり、継続審査すべきか否かの表決がとられ、継続審査に賛成4名、反対4名の可否同数となり、委員長の採決により、継続審査すべきものとなりました。

継続審査と主張した秋水会(菅原琢哉議員)の意見は次のとおり。

国は国民の生命と財産を守るため、有事に備え、この度の、イージス・アショア配備の方針を打ち出した。一方、新屋勝平地区振興会では、有事の攻撃と電磁波を憂いており、双方の思惑は平行線と思われる。この定例会冒頭の市長説明で、市長は国に対し、各調査結果の説明を受け、市独自にしっかりと検討・検証するとしている。また、県議会は、県議が視察した設置現場の報告会を開くと聞いている。まずは、それらを含め、あらゆる情報、調査結果を十分踏まえることが肝要であり、現時点では、全体像が全く見えていない状況である。よって、本定例会での判断には至らない状況であり、会派としては、継続すべきものとする。

同じく、継続審査を主張した公明党(武田正子議員)の意見は次のとおり。

地元の不安は十分に分かる。今、防衛省が調査を始めたばかりであり、調査が終了し、住民の不安が払拭され、安全・安心が確保できるという、納得できる説明がなければ賛成しかねる。よって、調査が終了するのを待つということで、継続とする。

継続審査とは、今定例会閉会後も、委員会を開催して審議することであり、単に結論を先送りすることではありません。

判断材料が不足しているというのならば、現時点で、撤回を求める決議をすべきではないとして、この請願を不採択にすればいいのであって、先送りにする必要はありません。

どんなに調査したところで、住宅地、学校、福祉施設、公共施設等に近接している事実は変わらず、住宅密集地に軍事基地は要らない、と地元振興会で決議したと、この請願には書かれています。

調査結果を待つことなく、現時点でどう考えるのかを議員は明らかにする必要があるのではないでしょうか。

噂では、次の2月定例会でもこの請願を継続審査とし、統一地方選の争点にならないように先送りするとの情報もあります。

佐竹知事は「地元の判断を一番尊重すべきだ」とし、穂積市長は「民意を代表している議員の議論も参考にする」と延べ、市議会は判断を先送りにし、責任逃れ選手権とも呼べる情けない構図になってきました。

私自身は、責任逃れをすることなく、腹をくくって、自分にやれることをしっかりとやっていきたいと思います。

12/20(木)の本会議で、今日の総務委員会とは異なる結論になることを祈りながら。

カテゴリー: イージス・アショア, 委員会 | コメントする

総務委員会の傍聴について(H30.12.12)

昨日の議会運営委員会で、
今日の総務委員会の傍聴について話がありました。

規定では傍聴定員は20名なのですが、
イージス・アショアの請願に対する市民の関心が高いので、
それを超えた場合は、
別の部屋(正庁)でライブ中継を見られるようにしております。

(参考)秋田市議会公式WEBサイト

議会の傍聴

カテゴリー: お知らせ, 委員会 | コメントする

予算決算委員会前期全体会(H30.12.12)

おはようございます。
秋田市議会議員の藤田まことです。

今日の午前は、予算決算委員会の前期全体会が開かれます。

前期全体会は、補正予算案の概略を説明し、
各分科会への分担を決める場ですので、
質疑は行われません。

内容に関する質疑は、午後から開催される
各分科会の場となります。

本市議会では、委員会・分科会の中継は
実施していませんので、
ご興味のある方は、傍聴にいらしてください。

議会の傍聴(秋田市議会公式WEBサイト)

補正予算資料(主な項目) (PDF 176.3KB)

今日の午後は、総務委員会と建設委員会が開催されます。

カテゴリー: お知らせ, 委員会 | コメントする

イージス・アショアに関する請願の行方は・・・

明日、12/12(水)の午後1時から、総務委員会でイージス・アショアに関する請願が審議されます。

審議とは言っても、新屋演習場への配備計画撤回の決議を議会に求めるものですので、市当局との質疑はなく、各会派が意見(採択か否か、あるいは継続審査か)を表明するところから始まり、その後、速やかに表決に入ることになります。よって短時間で決することになり、傍聴にいらした方は、肩透かしをくらったようなカタチになるかもしれません。

ここで、継続審査という意見があった場合は、まず、継続審査とすべきかどうかを表決します。

継続審査とは、閉会後も、継続的に委員会を開催して審査することです。次の定例会へ結論を先送りすることではありません。

よって、継続審査とするためには、なぜ今判断できないのか、そして、次の定例会までにどのような観点で審査するのか、といったことを明らかにする必要があります。

「継続審査」にはしないとされた場合は、白黒をはっきりさせることになります。

ここで、残念なお知らせです。

来年4月に統一地方選が行われます。そこに向けて、有権者にマイナスイメージを与えないために、本当はこの請願は否決(新屋演習場に配備すべき)であるにも関わらず、真正面から否定することを避けて「継続審査」とし、選挙が終わるまで結論を持ち越そうとする動きがあるようです。

否決なら否決すればいい(新屋演習場に配備すべきと言えばいい)だけの話なのですが、恐らく、選挙が終わるまでは、この計画に賛成とも反対ともとれることを言えるようにしておきたい(八方美人でいたい)ということなのでしょう。

明日、どんな結論になるのか分かりませんが、腹をくくれない議員が少数派であることを祈ります。

なお、「継続審査」という議員の中には、本当に現時点では判断を下せないという方がいらっしゃるとは思いますが、例えば、防衛省の調査結果を待ってからというのであれば、早くても4月以降の判断となり、次の定例会でも決められないということですから、いつまでも宙ぶらりんにせずに、現時点ではこの請願を否決(現時点で撤回の決議はできない)と判断すればいいのだと思います。

(参考)昨年11月定例会のイージス・アショアに関する請願・陳情の賛否

秋田市議会議員のイージス・アショアに関する請願・陳情の賛否

カテゴリー: お知らせ, イージス・アショア, 委員会 | コメントする

控室にお気軽にお越しください。12/12(水)13:00~15:00 オフィスアワー(第7回)

12/12(水)の午後1時から午後3時まで、市議会の会派そうせい控室(市役所5階)に待機しておりますので、お気軽にお越しください。

市や市議会に対するご意見やご要望のほか、
「どこに相談したらよいか分からない。」
「市に言いたいことがあるが一人では不安だから同行してほしい。」
「一度藤田に会ってみたい。」
「市役所に来たついでに議会を見てみたい。」
などなど、ご遠慮なさらずにどうぞ。

お越しの際は、議会事務局にお立ち寄りの上、「そうせいの藤田に会いに来た。」と一声かけてくだされば、職員が控室にご案内いたします。

なお、この時間帯以外でも、予定が入っていなければ皆さまにお会いできますので、予めご連絡ください。

※オフィスアワーとは

会議や研修、現場調査などの予定を入れずに空けておいて、控室で皆様のお越しをお待ちしている時間のことです。

私が以前勤務していた大学では、教員が学生からの相談に応じるために、必ず研究室にいる時間帯のことで、各教員がそれぞれ「〇曜日の〇時~〇時まで」と定期的な時間を設定しています。

私は定期的には難しいので、不定期に実施しております。

カテゴリー: お知らせ, オフィスアワー | コメントする