【用語解説】請願・陳情

請願は、憲法・法律に定められた権利で、どなたでも、市政に対する意見や要望を、市議会に請願書として提出することができます。

日本国憲法 第十六条

何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

請願書を提出する場合は、市議会議員1人以上の紹介(署名または記名・押印)が必要です。

陳情も同様に、どなたでも、市政に対する意見や要望を、市議会に陳情書・要望書として提出することができます。

秋田市では、請願と陳情の取り扱いに差はありません。

請願のみ審査し、陳情は議員の机上への配付にとどめるという市町村もありますが、秋田市では、どちらも、所管の常任委員会で審査され、内容が妥当であると判断され、本会議で採択された場合は、市や教育員会などの関係機関に対して措置を求めたり、国や関係行政庁に対して意見書を提出したりします。

なお、本会議での議決には、採択、一部採択、不採択、継続審査の4つがあります。

県外からの陳情書は、原則として議員への写しの配付となります。また、要望書は、受付後、各会派に写しが配付されます。

請願書や陳情書を作成する場合は、秋田市議会の次のページを参考にしてください。実際に提出された請願書・陳情書そのものは掲載されておりません(題名のみ)ので、実例を見てみたいという方は、藤田あてにお知らせください。

(参考)請願・陳情の関連ページ(秋田市議会公式WEBサイト)

カテゴリー: 用語解説 パーマリンク